2015年04月04日

ファイナル・デッドコースター

風邪ひいて元気がなかったのでさくっと観れる、一部だけは覚えている作品をチョイス。
バスにつぶされて死ぬのはこれじゃなかったか……

【ストーリー】
高校の卒業記念パーティで遊園地を訪れていたウェンディは、ジェットコースターに乗り込んだ直後にコースターが脱線し乗っていた全員が死亡する予知をする。泣き叫びジェットコースターを降りるウェンディと、つられるように降りた6人は、ジェットコースター事故による死を免れたが、ウェンディを含む計7人はその後謎の死を向かえ始める……


前に地上波で見てた記憶あったんですけど、ファイナルデッドシリーズはどれがどれだか分からなくなっちゃって。
とりあえず動画も微妙にグロ注意です。

☆☆☆★★


ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年04月03日

テッド

私、立木氏の声を聞くとジェイデッカーが観たくなる病に罹患しているようです。
ERでもうずうずしたのにまたもや不意打ちのミスター立木にジェイデッカー病が再発してます。

【ストーリー】
友達の居ない子供だったジョンは、クリスマスの夜に「一生の親友がほしい」と願い事をして、生きているぬいぐるみのテディが家にやってきた。テディは全米中の話題になり一時はセレブに肩を並べるも月日と共に忘れられ、今やすっかりおっさんになったジョンと恋人のローリーと共に、おっさんぬいぐるみとして生活をしていた。しかしそんなテディと仲良し過ぎるジョンに徐々に嫌気のさしてきたローリーは、恋人になって4年が過ぎたある日についにジョンに別れを告げる……


吹き替えで観てたんですけど、吹き替えで観てると本当にただの有吉ですねこれ←
日本独特のギャグまわしが満載だったんだけど、これ字幕だとどうなんだか凄く気になるww

☆☆☆★★


ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年04月02日

ジュピター

久々の映画館ーって言うほど久々でもないけど。
面白かったです。

【ストーリー】
一族でハウスクリーニングを営んでいるジュピターは、変わらぬ日々にうんざりとした生活を送っていた。そんなある日どうしてもほしい物のあったジュピターは、卵子を売るという従兄弟の提案に乗って不妊治療科を訪れた。そこで謎の生物に襲撃されたが、謎の男・ケインに助けられて九死に一生を得る。ケインと共に逃げ出すジュピターだが、ケインが助けを求めた先で自分が「宇宙の女王」であるという話を聞かされる。


いい意味で予告通りの作品。
ドストレートにそのままなので、逆に安心して観る事が出来ます。

☆☆☆☆★


ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年04月01日

ザ・インシデント

なんだこれ

【ストーリー】
精神科施設の調理師をやっているジョージとその仲間たちは、毎日文句を言いつつも仕事を続けていた。ある日、大きな嵐が出ているという予報の日に出勤した彼らは、突如発生した停電と、それによる患者脱走という事件に遭遇する。真っ暗な施設の中、ジョージたちは何とか施設を抜け出そうと奔走するが……


一言で言えば「説明不足」につきるお話……
不気味さはあるけれど、不気味さとグロさしかないとも言える。
そのグロさもまた、ファイナルデッドシリーズだとかを見ている人にはぬるぬる。
半分以上は真っ暗な画面だし最後の意味もよく分からないしで、多分ホラー好きでもグロ好きでも見る価値はない。

★★★★★


ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年03月31日

炎のメモリアル

Huluではこれがアクションカテゴリなんだけどなんでやろうか。
アクションではないやろう……

【ストーリー】
人を助けたい。その一心で消防士を志したジャック。新米消防士の彼は順調にリンダと交際し、結婚し、子供が産まれた。しかし親友の死に始まり、次々と苦難がジャックを襲う。仕事と不安と家族の間で悩むジャック。運命は、彼に更なる苦難を与える……
911で活躍した消防士たちに捧げる、消防士の生活を追ったドキュメンタリータッチストーリー。


2004年の映画だったのでやっぱり予告ひっかかりませんでした。
でも、ラストシーンのカットとかMADは見つかったので、あの言葉はやっぱり胸に響いた人多いんだと思います。
ラストシーンは涙もの。
911関連映画ではないものの、関連付けて見る事のできる作品でした。

☆☆☆★★


ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画