2015年03月17日

BRAVE HEARTS 海猿

全三部だと思ってたらもう一作あったよ!という事で「そういえば観てないや」と気付いてレンタルしてきました。
安定の面白さで海猿シリーズがこれで終わりというのが本当に勿体無いです……

【ストーリー】
より多くの人の命を救うため、通称「トッキュー」へ異動した仙崎と吉岡。仙崎には妊娠五ヶ月の第二子が、吉岡には付き合ってもうすぐ一年になる恋人・美香がおり、吉岡は美香との結婚を考え始めていたが断られてしまう。失意に陥りつつも仕事を続けていた吉岡たちだが、ある日美香の勤務するシドニー発羽田行きのジャンボジェットにトラブルが発生。緊急措置としての東京湾への緊急着水が敢行される……


何故か分からないんだけど海猿は観ていると胸がいっぱいになって涙目になる時が何度かあります。
本当にいい作品なのに勿体無いなぁ!!

☆☆☆☆☆
やっぱり海猿大好きだなぁ、としみじみ思いました。
沢山の人たちがただただ人を助けようと、それだけのために同じ方向を見る……その光景に胸がいっぱいになります。

航空機パニック→海難事故のコンボだったので「この時間で足りるのか!?」って思ったりしましたが、
とても綺麗でかっこよくて、本当に好きな作品でした。
1個前の3作目よりも好きだな!と。

今回も例によって吉岡がアレでソレなわけですが「死ぬわけないな」というこの……www
吉岡は過去作でもフラグを膝で叩き折った男なので、今回も生きてるだろうなー、というか。
今回の事故がジャンボジェットだったので「酸素マスクがあるね??」と気付いた瞬間のあの安堵感たるや。
これで吉岡が死んでたらいろんな意味でどん底ですからね……仙崎的な意味でも。
だから、仙崎が最初にボンベの準備をし始めた時に
「ぜんじゃぎじゃんんんんんん;;;;;;;;;;;;;」
ってなりました……本当、仙崎のスタンスが大好きです。

仙崎の存在は、【モナリザ・スマイル】で言う先生と同じようなポジションだと思うんですけど、
仙崎は言葉も行動も起こすし、結局認められてて「これぞ!」という感じがするんですよね。
時には非常にならなければならない時もある。
それが分かっててこその決意と情熱なわけなんですよね。
だからこそ安心して観れるんですよね海猿。

一番胸にきたのは、美香が乗って居るジャンボが事故にあったと聞いてトリアージのタグをじっと見つめてる吉岡のカットでした。
彼女が怪我をしてた時、吉岡はトリアージが出来たのか……
トリアージというものはとても重くて重要なだけに、ほんのワンカットなのに重いものがありましたね。

でも本当に、何より驚いたのは全てが終わった後……

「実は私……バツイチなの」
「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!」←私

いやぁ本当に驚きました……そんな理由だったとは……
本当にびっくりしました……えぇ驚きました……映画館で観てたら乗り上げてたかもしれないレベルで驚きました。
でもそれをあっさりと乗り越えた吉岡はきっと、美香ちゃんを幸せに出来ると思います!!
お幸せに!!


posted by カル at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115254768

この記事へのトラックバック