2015年03月09日

大脱出

エクスペンダブルズファンの方に大プッシュをいただきまして見て見ました。
ちょっとしたトラブルがあって落ち込んでいたのでたっぷり堪能出来なかったのが残念です!

【ストーリー】
レイ・ブレスリンは、刑務所の盲点を突いて合法の下で脱獄を試みる、伝説的なセキュリティ・コンサルタントであった。そんな彼に一人の女性が、世界で最も 困難な刑務所の脱獄を高額な報酬で依頼してくる。年齢的にも引退資金稼ぎにと仕事を引き受けたブレスリンは、突如拉致され身分を剥奪されたまま、脱獄不可 能と言われている刑務所、通称「墓場」に収監されてしまう。屈強な囚人たちを圧倒するほどの看守たちの暴力と監視により、ブレスリンは脱獄どころか囚人や 看守たちに追い詰められてしまう。そんな彼に突如近寄って来た囚人ロットマイヤーに助けられながら、ブレスリンは2人で史上最大の大脱獄を試みようと決意 する。
(Wikipediaより)




エクスペンダブルズと同様何も考えずにじーっと観て居られる作品。
出演者が出演者なので、心配せずに観られますw

☆☆☆★★



まず主人公がスタローンとシュワちゃんという段階でいろんな意味で察するべき作品ww
タイトルは意識してなかったけど観たいと思ってたやつだったわー、と気付いたのはシュワちゃんが出てきてからでした。

簡単に言えば、監獄に入って脱走してそのセキュリティの駄目な部分を指摘するという仕事をしているスタローンが
騙されて「出てこれないという事は完璧という事だ」
という場所に投獄され、シュワちゃんと一緒にそこから逃げる、という作品。
本当にそれだけなんですが、逃げるための準備だとか何だとかをするために色々ハラハラさせてくれます。

途中でシュワちゃんが水責めにあうんですが、そこはもうおぶぶぶうおぶううぶぶうって自分でもなるくらいに苦しかった……
苦しい系拷問駄目なのでそうなったわけですが、少ない労力で最大の効果がある拷問だなぁ、と感心も。
シュワちゃんとスタローンが友情を育みつつ逃げの手を講じる所は、一瞬で同志だと察する獣の眼光……
かと思いきや?みたいな感じでしたね。

でもまぁ、途中でネタはバレます。というか「あぁ、シュワちゃんがそうなのね」ってなります。
最後に「あぁやっぱりね」ってなります。
そういう部分も含めて、安心して観ていられますwww
拷問とかも色々あるんですが、やっぱり頭を空っぽにして何も考えずに見られるのがこの主役たちの映画のいい所ですね。
落ち込んだ時にはエクスペンダブルズと大脱出、みたいな感がありましたwww
posted by カル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115094561

この記事へのトラックバック