2014年10月27日

ヘルボーイ

DVDの新作紹介で見て気になったヘルボーイ。
マーベルかと思ったらマーベルでなかった上によく見たらデル・トロじゃないですかー。
なんだ、だからオチが微妙なのか……という納得。

総評:ナチスとかロシアって便利だねぇ。

【ストーリー】
1944年、第二次世界大戦における敗色が濃厚であった旧ドイツ軍は、形勢逆転のため「ラグナロク計画」を実行に移そうとしていた。しかしブルーム教授を 含むアメリカ軍がこれを阻止、計画の中心人物であったラスプーチンは魔界への入り口に吸い込まれていった。だが、長時間に渡って魔界への入り口を開けてい た結果、地上に悪魔の赤ん坊が迷い込む。ブルームは全身が真っ赤なこの赤ん坊を“ヘルボーイ”と名付け、育てる事を決意する。
(Wikipediaより)

動画はゴールデンボーイしか引っ掛からなかったのでなし。

わたしデル・トロ監督ってホビットの時に「はよ公開せぇ!」っていうアレソレになったのと個人的にパシフィック・リムがそこまで好きじゃないのとで観終わった後の納得感が絶妙でした。
何しろオチが薄い!!
2時間ちょいの長さで途中まではどんどん「この後どうなる!?」っていう緊迫感でわくわく観れたのに、オチは詰め込みすぎの一発攻撃の薄さ。

サリエルつえーどうする!!→焼く
サリエルつえーどうする!!→千切る
倒したら分裂して戻ってくるサリエルをどう倒す!→爆発
ラスボスめっちゃでかいぞどうする!→爆発

お前はマイケル・ベイか!!!!!!
しかもマイケル・ベイのような芸術的お家芸の爆発じゃなくてとりあえずなんか凄いの持ってるから爆発させとこーぜ、的な……この辺はパシフィック・リムの最後と同じの呆気なさ。
地獄の門を開けるのにも決断の早いヘルボーイ。
やっぱやーめた!するのにも決断の早いヘルボーイ。
なんというか、葛藤もクソもなく衝動的に動いてる様は作品の最初から一環してるものの最後の地球の命運をかけてる所までそんな感じなのでぽかーんとするというか、レディースデイで1100円で観ても「金返せ」的な気持ちになる薄さでした。
ラスボス戦も、まさか放置されてる霊廟の石像の剣が切れ味アラゴルン(すぱすぱ切れる的な意味で)とは思うまい(引き笑い)
いやなんでだよ!って思いながらラスボス戦を見守った後に飲み込まれた内側からぼかーんして体の半分残ってるのにそれだけで死ぬ冥府の魔物。
サリエルのが強かったね、これね……ってまた引き笑い。
途中までが面白かっただけに、これはもうなんていうかラストバトルの時間が短すぎたのが敗因かなと。
だってさー、最初の方であんだけ自慢してた対魔物用の特別弾丸すら使わないんだぜ。
ついでに言えばエイブが落としてしまったデュオニソスの骨は伏線かと思ったらそのまま放置だし。
あそこで
「しまったまだあそこに卵が!」→だがその真下に落ちた骨が冥府の気配に呼応して輝きを増し卵を焼き尽くす!
とかだったら「うぉぉおそのための骨かーー!!」ってなるのに放置。
エイブあんだけ頑張ったのにラストバトルに居ないどころか完璧放置。
引き笑い。
ラストのがっかり感が異常でした。

でもエイブ滅茶苦茶可愛くて途中まで凄い興奮しながら観れましたよ。
ラストバトルが残念なだけで、教授とヘルボーイの関係なんかも(もっと書き込んでくれよとは思いつつも)凄くよかったです。
余計な恋愛パートに時間を使いすぎてヘルボーイとジョンの関係とか、ジョンがリズに惹かれたパートとか、そういうのが薄かったような気もするけど、やっぱり人外コンビが輝いてたのでそこはとても満足です。
「血界戦線」の"彼"が好きな人は絶対エイブ好きなんじゃないかな。

ラストバトルを思い返すと「ここはこうしていれば」ばかり目につく作品ではあるものの、ラストバトル以外は面白かったです。
でも次回作を観るか?って聞かれたら、ちょっと悩むかなw
エイブのためになら観るかもね!!

☆☆☆★★

って、気になってゴールデンアーミー観たら次回作エイブいっぱい出るっぽいけどジョンがリストラされてるじゃないですかーー!!!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwマジかーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwいやいやいやいやこういう役どころの子って普通ヘルボーイの親友になるとかそういうwwwwwwwwwwwwなんでwwwwwwwwwwww酷いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwひぇwwwwwwwwひぇwwwwwwwwwwwwww

………デル・トロォ………
posted by カル at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104934727

この記事へのトラックバック