2015年03月19日

オーケストラ!

マエストロ!とどう違うんや?と思ってたけどそんな事はなかったぜ!!
オーケストラ好きさんには胸を張ってオススメ出来る映画です。

【ストーリー】

ロシアのボリショイ劇場で清掃員として働くアンドレイは、かつてはボリショイ交響楽団の 天才指揮者として知られていたが、共産主義政府によるユダヤ人排斥政策に従わなかったため、30年前に楽団を追われた過去を持っていた。そんな彼はある日、パリの劇場がキャンセルした楽団の代わりとなるオーケストラを探しているという情報を得る。音楽界復帰のチャンスと思った彼は、追放されていたかつての楽団員たちを集め、『ボリショイ交響楽団』になりすましてパリにへ行くことを計画する。演目はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲。アンドレイはソリストとしてパリ在住の女性バイオリニスト、アンヌ=マリー・ジャケを指名する。

(Wikipediaより)



「そんな事はなかったぜ!」が連発する映画。
久々のフランス映画ですが、フランス映画は映像の一個一個が絵画のようで美しいですなぁ。

☆☆☆☆★
ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画