2015年03月15日

モナリザ・スマイル

例によって予告で見て気になったので借りて見た作品。
何となく観終わった後に「お前、中々やるじゃねぇか……」「へへ…お前もな……」と夕暮れの川っぺりで倒れているバンカラをイメージしました。
まぁそんな感じ。

【ストーリー】
1953年の秋、リベラル志向の美術教師キャサリン・ワトソンは、夢であった名門ウェルズリー大学へ新任した。しかし、米国一保守的といわれる大学で学ぶ学生たちはリベラルから程遠いものだった。キャサリンは絵を通して学生たちを変えようとする。
(Wikipediaより)

結構前の映画なので予告は流石に引っかかりませんでした。
2004年か……思えば遠くへ来たもんだ……

☆☆★★★

ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画