2014年12月26日

ベイマックス

予告で感動し、後にアクションモノと知って愕然とした記憶。
あの予告は完全なるミスリードだなぁと。

【ストーリー】
天才少年・ヒロは、自分がこの先何をしていいのか、何をするべきなのかが分からずに自堕落な日々を送っていた。そんな弟を見た兄・タダシは、ある日自分が研究をしている大学へとヒロを招き、研究成果であるケアロボット・ベイマックスと対面させる。
大学の研究の奥深さとベイマックスの完成度に感激したヒロは、スキップしての大学入学を決意する。
しかし、入学の条件となる研究発表回の日、突如発生した爆発事故によりヒロは最愛の兄・タダシを失ってしまう……

感動モノかと思いきやアクションもの。でも、ちゃんとした兄弟の絆や友情を描いた感動物。
実はこういうディズニーのアニメ映画を劇場で見た事はなかったんですけど、安定した面白さでした。
何より、ムビチケ特典のぷにぷにベイマックスのクオリティが最高によくってよく握ってます。
ふにふに。



☆☆☆☆☆

ネタバレにつき折り畳み。


ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年12月13日

ホビット 決戦のゆくえ

思ったより公開が早くて嬉しかった!!!
2回観に行きましたがあと1回行くか悩む所です。今週までか……

【ストーリー】
ホビット三部作の最終作にして指輪物語シリーズの最終作。
スマウグの財宝を奪還したビルボたちだったが、スマウグは湖の街エスガロスを襲撃する。
何とかスマウグを撃退したバルドたちは棲家を失い途方に暮れるばかりだったが、エルフ王の助力を受けてトーリンたちから財宝を分けてもらうためにエレボールへ向かう。
しかしトーリンは財宝の支払いを拒否。その結果、エルフと人間の連合軍対ドワーフという構図での戦いが勃発しようとしていた……


正直言って相当不満の残る出来ではありますが、そこはディレクターズカット版待ちって感じですかね……
あと不満部分は多分原作読んでる人じゃないと分からないし気にしないから、映画的にはこれでとてもよかったと思います。
でも堂々と言わせていただこう。
タウリエルいらなかったと思う。

☆☆☆☆★




原作についても書きます。

ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

インターステラー

久々に「なげー……」と思った映画。
ホビットと連続で観るには向かなかったですね(当然)

【ストーリー】
近未来。地球規模の植物の枯死、異常気象により、人類は滅亡の危機に立たされていた。元宇宙飛行士クーパーは、義父と15歳の息子トム、10歳の娘マーフとともにトウモロコシ農場を営んでいる。マーフは自分の部屋の本棚から本がひとりでに落ちる現象を幽霊のせいだと信じていたが、ある日クーパーはそれが何者かによる重力波を使った二進数のメッセージではないかと気が付く。クーパーとマーフはメッセージを解読し、それが指し示している秘密施設にたどり着くが、最高機密に触れたとして身柄を拘束される。
(Wikipediaより)

一言で言えば「ノーランの映画」。
SFと言えば典型的なSFだけど、ゼロ・グラビティのように酸素的な意味での脅威は襲ってきません。
一箇所「うぉお酸素ーーー!!」というシーンはあるものの、宇宙空間ではないので多分そういうのが苦手な人でも大丈夫だと思います。
好き好き分かれる作品だなぁ、と今でも思います。


どうでもいいけどこのインターステラーのPVを表示する時に「アメリカン・スナイパー」の予告が流れて、行く気は半分しかなかったのにとても気になりました(どうでもいい)。

☆☆☆★★


ラストについてもネタバレです。ご注意。
ネタバレありにつきご注意
タグ:SF 映画感想
posted by カル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画