2014年07月25日

オール・ユー・ニード・イズ・キル

噂の日本原作の映画、観てきました。
アメスパの予告で流れてて物凄く気になってたんですよねこれ。
台風とかで妨害されつつもやっと観れました。

【ストーリー】
ギタイ、と呼ばれる謎の宇宙生物に攻撃をされている地球。主要国家が次々と陥落する中、地球の各国政府はギタイに対処するための国防軍を設置、ギタイとの戦いを繰り広げていた。
主人公・ケイジは、元広告代理店勤務で少佐であったが、将軍にたてついた罪で地位を剥奪され、初年兵の最前線へと叩き込まれてしまう。
殲滅戦となる海岸での戦闘までの猶予は1日のみ。パワードスーツすら着た事のなかったケイジは、その海岸での殲滅戦であっさりと死亡してしまう。
だがケイジは突然叩きつけられたように目を覚まし、そこが最前線基地であり、自分が基地に叩き込まれたその瞬間である事に気付く……

タイムリープものです。
初陣で偶然アルファと呼ばれる特殊なギタイを倒しその血を浴びた事でタイムリープ能力を手に入れたケイジが、同じ経験をしたリタと共に全ての根源であるギタイの王・オメガを倒すために奮闘する作品。
アルファとオメガって何処でも聞くなー、なんて真っ先に思いましたがまぁそこは日本の作品なので仕方が無い。

以下ネタバレ含む折り畳みです。
すでに出てるラノベだけども一応。




ネタバレありにつきご注意
posted by カル at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年07月01日

ゼロ・グラビティ

PCが壊れてから久々になる映画鑑賞。
「2つのゼロが今熱い!」とかで話題になっていたゼロ・グラビティ。
正直、酸素が薄い系の映画(水中含む)が物凄く苦手なのでやめとこうと思ったんだけど、母がDVD借りてきててそれなら……って事で見て見ました。

【ストーリー】
医療技師のライアン・ストーン博士は、スペースミッションへの参加中にロシアの衛星の爆発事故と、それに伴う各国衛星の破壊事故に遭遇する。
爆発事故によって発生したスペース・デブリによって搭乗していた宇宙船は大破。
マットとライアンの二人のみが生存し、二人は何とか近くの中国国籍の衛星への退避を行う事を決定する。
そして宇宙空間を移動し始めた二人だが、そこで再びスペース・デブリが襲い掛かる……

はっきり言って、「酸素なくて苦しい系」映画が苦手な人には絶対にオススメ出来ません。
見てて序盤が物凄く苦しかった。オォウ……ってなるくらいには怖かった。
どんどん襲い掛かるピンチを見てて「宇宙って怖い!」ってなるくらいには恐怖心を抱くレベル。
元病院勤務なのでホラーやグロ、スカトロなんかにも全然耐性があって余裕ぶっこくレベルで気にしないのに、これは物凄く怖かった。
それだけに、3Dで観たらよりこの映画のメインであるスリルを体感できたんじゃないかなーというくらい素晴らしい精度の作品。

とにかく映像が素晴らしい。無重力の表現や宇宙空間の恐ろしさを本当に怖いくらいに表現している。
短いだけに詳細を言うと全部がネタバレになるので言えないけど、窓や何かから見える地球の美しさは圧巻。
映画館で3Dで是非観るべき、とそれだけで言えるくらい。
本当に短い映画なので、観れる人は観ても損はない作品かなと思います。

投稿した後でこのCM見たけど、娘元々死んでるからちょっと違うんじゃないかなこのCM……w

オチのネタバレ
タグ:SF 映画感想
posted by カル at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画