2014年05月26日

X-MEN:ファーストジェネレーション

地上波でやってたので録画して観ました。
正直乗り気じゃなかったんだけど姉の大プッシュを受けて……まぁ、フューチャー&パストやるんでいいチャンスかなと思ったんですけど、やっぱりどうにも自分にはX-MENは合わないなぁと再確認するだけでしたなぁ。

【ストーリー】
すべてはここから始まった――知られざる起源を明かす"X-MEN;シリーズ最新作!

X-MEN史上最高傑作のVFXアクションと衝撃のストーリーで見どころ満載!

 
やる気ないストーリーですけども、簡単に言えばX-MENの前日譚です。
何故プロフェッサーXとマグニートーが対立するようになったのかとか、マグニートーが何故そういう思想を持つようになったのかとか、そういう部分が語られます。
ので、ぶっちゃけた話本編見てないと面白くないんじゃないかなこれ、って思いました。
 
自分はX-MEN2まで観て投げた人なんですけど、そういう半端な知識だと「ふーん」で終わるから勿体無いなぁと。
自分でも何処が合わないんだか分からないんだけど、なーんか合わないX-MEN。
多分個人的にウルヴァリンがあまり魅力的に感じないというのと、各キャラの行動理念がいまいち理解出来ないというのと、ぶっちゃけマグニートーのがかっこいいわ!と思っているのが原因かなと思ってますが←
ので、2は結構楽しんで観たんですけど、続きを見ようかな、という気分にはならなかったですね。
同じ系統の作品だったらファンタスティック・フォーが断然好きです。
この辺は好みだと思うんですけどね。
あ、でもF4とスパイダーマンどっちか選べって言われたらスパイダーマンです。
 
自分がX-MENが合わないなと思う理由と、あとはこの作品も「ふーん」で終わった理由として、悪役とガンガン戦って倒す!という一種のカタルシスを感じないから、というのがデカイんだろうなぁと思ってます。
このFCでもラストの決戦とかは凄く呆気ないし、「え?これで終わるのぉ?」という終わり方。
あんだけ猛威を振るっていた悪役がこれで終わりか……というのと、「えぇ?」という終わり方のせいでスカッとしないんだろうなと。
マーベル作品は基本的にヴィランとのバトルでスカッ!というのがメインなものの、X-MENに関しては一応マグニートーというヴィランは居るものの、彼とガチバトルして倒してすっきり!というのではなくて、ミュータントと人間の立ち位置の問題というか、マグニートーも本当の意味では悪ではないので、とかそういう……上手く言えないんだけども。
結局FCのラストバトルでもチャールズはなんでラスボスを倒すのを止めようとしたのかとか、イマイチよく分からなかったーなー……あとエンジェルは何で裏切ったんですかね。命惜しさなんですかね。わかんない。
 
姉が言うには大幅にカットされてた、って事で理解出来ない部分があったのかもしれないけど、いまだに何でチャールズとエリックが仲たがいしたのかよくわかりません。
プロフェッサーXとマグニートーならば理解出来るんだけど、出発点よくわからん。
因みに上記の通りあまりウルヴァリンに魅力を感じない方なのでウルヴァリン系は観てないんですけど、SAMURAI?だっけか、あれはなんか凄い酷評されてて逆に見たくなりました←
 


うん……これ、フューチャー&パスト誘われてるけど今から不安になってきた。
大人しくノア行くのが無難なのかもしれない……
posted by カル at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画