2014年05月07日

トランスフォーマープライム プレダコン・ライジング

厳密には映画ではなくOVA。
地上波で放送されていたトランスフォーマープライムの完結編となるプレダコン・ライジングのレビューです。
ただし、プレダコン・ライジング及び第3シーズンであるビーストハンターズはアメリカでの発売・放送しかしていないため、原語版しか視聴してません。
つまり、二周したのに各キャラの立ち位置やなんかは結構曖昧ですひゃっほぅ!
しかもBHの方はまだ観てないしね……全部英語はきついっす……
とりあえずプレダコン・ライジング。

【ストーリー】
ディセプティコンとの様々な戦闘を経てセイバートロン星へと帰還したオートボットたちだったが、オプティマスはセイバートロンを真に覚醒させるために宇宙へと打ち上げたオールスパークを回収してくる事を宣言し、後をバンブルビーやウルトラマグナスへ託しホイルジャックと共にセイバートロンを離れる。
しかし、そのセイバートロンに本来いないはずのプレダコンが出現し、ウルトラマグナスが重傷を負ってしまう。
プレダコンがセイバートロンに居る事を知ったバンブルビーは、アーシー達を伴いプレダキングに接触するも素気無く追い払われてしまう。
その時、死したはずのメガトロンをダークエネルゴンを介しユニクロンが蘇生させる。
復活したユニクロンはプライマスとの決着をつけるため、メガトロンの身体を使いセイバートロンへと帰還する。
その頃スタースクリームとショックウェーブは相変わらずプレダコンを作製し続けていたが、ユニクロンが目の前でプレダコン=ゾンビを生み出す場面に立ち会ってしまい、セイバートロンの最期を予感する……

多分まぁこんな感じの……はい、多分。
日本語版はないので一応折りたたみで。
バレ注意です。

誤訳の苦情は受け付けられません
posted by カル at 23:03| Comment(0) | 映画