2014年04月28日

アメイジング スパイダーマン

録画しておいたのをやっとこ観ました。
次に観るつもりだった作品だったので丁度いいや!と思ったんだけれども……
途中でCMが入るという事の想像以上の煩わしさ
意地になってCMの商品を買いたくなくなるこの現象。ホントいらついたわぁ……

【ストーリー】
幼い頃に母と科学者だった父を喪ったピーターは、伯父の家で育てられた。
何事もなく過ごしていたある日、父の遺した遺品であるバッグの中から父の研究資料を発見する。
父の足跡を求め、かつて父と共に研究を行っていたカーティス博士を訪ねるピーター。
しかしそれが彼の運命を大きく左右することになる…

毎回書いてるストーリーがあらすじすぎて何も言及してないなと思ったけど短くまとめる才能がなさ過ぎる。
ともかく、面白かったです。
実はスパイダーマンの種類が色々とあってどれを観ればいいのか分からなかったのだけれども、アメイジングが過去のスパイダーマンのリメイクであると知り見てみる事に。
スパイダーマンは元々USJでは一番好きなアトラクションだったのだけれど、これはやはり3Dで観るべきだな!と思った作品。
初めてだ、3Dで見るべきだと思ったのは(笑)

USJのスパイダーマンがまぁ、所謂原作アメコミそのままで特殊能力を持つ色々な敵がすでに出てくる作品なのでそういうものかと思ったらやはり本当に走りの走り、というエピソード。
ピーターが力を手に入れることになった原因と人々がスパイダーマンを知ることになった最初の戦い、的な。
USJのスパイダーマンが凄い迫力で物凄いクオリティなので、やはりこのスパイダーマンの移動シーンは3D向けだなー!
大画面で3Dだったら絶対もっと面白い。
更に言うならば、ユナイテッドシネマの一部で見れる椅子が動く特別興行?あれだともっともっと面白いんじゃないかなと。
進撃の巨人はスパイダーマンと同じ視点というか、立体起動装置のシーンが何かに似てると思ってたら「あー、スパイダーマンかー」とやっと合点がいきましたとも。

ラスト近くで助けた子供のパパンが手を貸してくれたシーンで「うぉぉぉぉぉおガタガタッ」となるくらいには興奮。
それにしても、あの子供を助けるシーンは他の車には人は残っていなかったんだろうか……子供助けただけだったけど(笑)
アメコミにしては地味というか、武器がやはり拳メインで補助武器が糸、という感じなので、戦闘シーン的には地味だしもどかしいし、という感じなのだけれども、これから成長していくのだろうなー、というのがよく分かるラスト。
伯父さんのメッセージを聞きながらのシーンには思わず涙。
父親の強い、素晴らしい作品でした。
子供が見ても単純明快なストーリーなので(キスシーンはあるけど)、まさに家族で楽しめるアクション作品。
面白かった。

posted by カル at 04:35| Comment(0) | 映画