2014年04月17日

フライトプラン

母強し

【ストーリー】
夫を転落事故で亡くし、娘・ジュリアと夫の眠る棺と共にニューヨークへ行く予定だった元航空機設計技師のカイル。
ニューヨークへ行く便はカイルの設計した最新の飛行機であり、カイルはその飛行機を知り尽くしていた。
しかし、ほんの3時間ばかり飛行機の中で転寝をしている間にジュリアが忽然と姿を消してしまう。
密室状態の飛行機の中、ジュリアを見た者は乗客乗員含めて誰も居ない……

1時間半程度の短い映画の中にぎゅっとミステリーが濃縮された感じの映画。
でも、分野がミステリーでありながら何となくそれを感じない。
オチがオチだからか分からないけど、何となくアクションの要素の方が強い感じ。
ミステリーというか、サスペンスアクション?みたいな?
何故ならかーちゃんがめっちゃアクティブに飛行機の中を動き回るので←
飛行機の中の構造ってこうなってたんだー!という驚きでじっくり見詰めてしまった映画。
飛行機好きの人も見てて面白いかもしれない。

でも、前半はとにかくフラストレーションが溜まる。
ミステリーパート→フラストレーションパート→解放パート
みたいな感じで、30分程度の区切りでパートが切り替わる感じなんだけど、飛行機に乗ってからがとにかくイライラする。
それは主人公・カイルの精神と同化してしまうような錯覚に陥るからで、女性ならば何故か見ながら慌ててしまうかもしれない。

でも、オチというか、「あれ?こいつは?」っていうのがはっきり分かりやすい映画でもある。
怪しい奴が結構すっぱり分かるので、途中でトリックが分かる人は分かるかも?という感じ。
後半のパートは「早く早く!」っていう妙な焦りと開放感で結構すっきりするかもしれない。
けど、どうせならばきちんと罪は償ってほしかったというか、いろんな人に糾弾されて欲しかったというか。
あのいやらしい表情とかが見事で、本当にムカつくシーンなんかもあったりして、役者の演技力の光る作品でありました。



でもとりあえず、大人なんだから謝るのは大事なんじゃないの?と思わないでもない←
動画は予告編じゃなく冒頭だけの切り出しっぽい……
posted by カル at 04:41| Comment(0) | 映画