2014年04月15日

マンテラ トランスフォーマーズ

タイトルを見てニヤリとしたので借りてみた作品。
パッケージから滲み出るB級臭がたまらない。
突っ込みたいところは諸々あるけれど、とりあえずトランスフォーマーとは一切関係のないことは書いておこうと思う(笑)

結論から言うと、想像以上に酷い作品でした、としか言いようがない……
1時間半弱という短い時間だから我慢出来たようなもんで、もっと長かったらレンタルだってのに途中でDVDをへし折っていたかもしれないレベル。
まぁそれも覚悟して借りたので私物であったとしても折らないけどさ。

ストーリーは、太古の昔より戦ってきた光連合軍と暗黒軍。
現代に渡っても続く戦いの最中、ロシアの科学者ナターシャ・シープスキンは【マンテラ】と呼ばれるパワードスーツを開発する。
しかしその【マンテラ】は、研究所が暗黒軍で利用するために彼女に開発させたものであった。
どこからか届く指令に従い【マンテラ】の試作機を破壊し逃亡するナターシャ。
しかし、彼女の破壊した【マンテラ】のパーツはマレーシアのゲーム青年・アズマンへと送られ、期せずしてアズマンは光と闇の世界へ身を投じる事になる……


というお話。
トランスフォーマーのオマージュ?なのは間違いないかなと思うんだけど、登場人物がほとんどアジア系なのでその段階で食傷&失笑。
アジア系でも構わないけど、はっきり言ってロシア系な敵のほうがかっこよかったし、こういう映画の場合にはアジア系は向かないんだなーと思った次第。
なんと言うか、日本人のイケメン俳優を使うほうが余程ハイカラ。
ぶっちゃけ主人公が限りなくイモい。せめて髪型どうにかしろや。
ヒロインもちょっと……なんというか、体型からしてこう……うん……ナターシャがナイスバディすぎるだけに比較したら哀れなくらいに可哀相なことに。

大体、トランスフォームするベースであるバイクにカタカナで【マンテラ】ってなんやねん
メタドロンって絶対狙ってるだろお前ぇ!

一言で言えば「オレの考えた最高の宇宙戦争」を映画にしました、みたいな……
それも、日本人じゃなく日本贔屓のちょっと勘違いしちゃった若者が作りました、みたいな。
プリーストみたいなB級でも楽しく観れた自分でもびっくりのアレっぷり。
観るな!!オレを観るな!!と何度言いたくなったことかよ。




以下の折り返しに、ストーリーを順で追った突っ込みどころを簡単に。
本当に簡単に……
毒を楽しめる人向け
posted by カル at 04:09| Comment(0) | 映画